事業紹介

ラオスで植樹(7/6)、セミナー、社会科見学(7/7)を実施しました

7月6日(木)にラオス国ビエンチャン県で村人とともに炭の木を植えました。日本から14名、マレーシアから1名、現地からは引原毅特命全権大使やJICA専門家などが参加。共催していただいたラオス林野局からはボリ次長らが参加。2haに木炭の原木となるマイ・テューを約3,000本植えました。引き続いて村でお祈りの儀式(バーシー)、昼食、植林に参加した子どもたちに文具をプレゼント。引原大使閣下におかれましては会議の合間をぬって車で2時間ほどかかる現地まで足をお運びいただき感謝いたします。これを皮切りに緑の募金助成金のご支援をいただき来年までに約50haほどの炭の木の原木をラオス林野局と手を携えて植えていく予定です。(写真は引原大使が小学校に植樹記念として植えたマンゴーの木と集まった子どもたち。炭の木はいずれ伐って炭にするので、小学校には長く残って、しかも食べられるマンゴー、ジャックフルーツの実のなる木を植えました。)