事業紹介

日本でも炭の木植えます!

7月にラオスで炭の木を植えたので、日本国内でも炭の木を植えられないかいろいろと調査しております。昨日(9月21日)は、谷田貝理事長自らが地元の製炭者とともに炭の木植え隊が出動できそうな箇所を見て回りました。案内いただいた製炭者の方は、自ら炭の木の苗を育て、それを植えて、育て、伐採(しかも8年という超短伐期)、ふたたびぼう芽更新するという持続的な製炭を実践されていました。脱帽です。この方や仲間の方々と一緒に炭の木を植え、育てられればと考えております。山を歩いていると野生のクリの実がたくさん転がっており、理事長のポケットが膨らんでいました。