事業紹介

12月8日にラオスの村で文具、苗木の配布などを行いました

12月8日(金)に愛知県の国際ロータリー第2760地区の皆さん34名による村の簡易水道の引き渡し+幼稚園舎の着工式に併せて、谷田貝理事長も立ち会いの下、小学生(全児童86名)各人に文具セットの配布と村人には一人一本以上の果樹の苗木を配布しました。文具は、林野庁OBの的場紀壱様から寄付をいただいた分を充て、通学カバン(といっても市販の子供用リュックサックですが)にノート5冊、筆箱に文房具(鉛筆、定規、消しゴムなどなど)を詰め込み、学年毎の教科書も大型封筒に入れて手渡しました。式典には駐ラオス特命全権大使の引原毅大使にも参列いただき、後から「心温まる式典でしたね」というお言葉をいただきました。苗木は上記ロータリーの方々の寄付金で購入し、植林の時期ではないので今回は苗木が枯れないように各家庭で育ててもらうために果樹(マンゴーやジャックフルーツ)の苗木を配布しました。学校にも記念植樹として果樹を植えました。詳細やこぼれ話は facebook に掲載します。