事業紹介

第4回ラオス・ジャパンフェスティバル2018に出展します

2月2日(金)18:00~4日(日)21:00までビエンチャンのLao ITECCの屋外スペースで開催される第4回ラオス・ジャパンフェスティバル2018の日本大使館ブースの一角に出展いたします。ラオスから日本へ輸出される品目のうち、全金額の1割(12億円ほど)が白炭であること、それは日本の白炭需要の主要な地位を占めていること、当法人が軸となって日本の木炭業界もラオスで白炭の持続的な生産に取り組んでいること、ラオスの白炭がどのように日本の焼鳥屋さんで使われているかなどを写真やグラフで分かりやすく、日・ラオ両語併記のパネルで展示いたします。ラオス白炭、その原木(マイ・テュー)の実物展示も行います。それだけでは面白くないので、ラオス白炭を使って焼きバナナを来店者に振る舞おうかと画策中です(詳細は会場責任者と詰めております)。日・ラオ両方の説明者が常時おりますのでお時間が許せばお立ち寄り下さい。