情報NEWS

ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~第3巻

当法人の谷田貝光克理事長が「ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~」第3巻をフレグランスジャーナル社から出版いたしました。昨年末に既刊の第1巻、第2巻に続いて今回はケニア、タンザニア、マダガスカル、仏領レユニオン、ブルガリア、オーストラリア(タスマニア)各地の香りと文化について精油(エッセンス)エッセーをしたためております。本HPをご覧の方には、定価1,700円(+税)のところを著者販売特別価格として1,300円(税込み)+送料で販売いたしております。ご購入希望の方は、炭の木植え隊のアドレス info@suminokiuetai.jp までご連絡下さい。著者販売分については限りがありますので売り切れの際はご容赦願います。

事業紹介

つる切りと生きもの観察会(報告)

7月22日(日)に4月に植えたクヌギ苗のつる切り作業と生きもの観察会を行いました。連日の猛暑にもかかわらず16名(うち子ども4名)の方が参加してつる切り作業、生きもの観察会を行い、かき氷で体を冷やしながら生きもの川柳の創作。講師を務めていただいたサシバの里自然学校の遠藤先生から今日観察した生きもののまとめを行いました。フェースブックにも写真を掲載しました。来ていただいたお子様から寄せられた一句「かぶとむし やっとあえたね なつやすみ」。次回は10月にでもドングリ拾いを行う予定です。詳細が固まればまた本HPなどで告知いたします。

事業紹介

7月22日(日)につる切り作業と生きもの観察会を行います

7月22日(日)午前9:00~12:00に4月にクヌギを植栽した箇所とその周辺の里山(栃木県芳賀町祖母井)でつる切り作業体験と生きもの観察会を行います。つる切りは、4月に植えたクヌギの苗が梅雨でおう盛に伸びたつるに絡まれているのを助けます。生きもの観察会は、地元のサシバの里自然学校の遠藤校長の協力を仰ぎ、クヌギ林の様々な生きものを観察します。親子連れ大歓迎。もちろんお一人様、ご夫婦、友達同士でのご参加も大歓迎です。観察会の後はかき氷を用意しております。詳しくは添付PDFをご覧下さい。お待ちしております。つる切りと生きもの観察会チラシ

(写真は生きもの観察を行うクヌギ林を下見中の講師陣)

 

事業紹介

的場奨学金を高校生2名に支給開始

6月24日(日)にビエンチャン近郊で谷田貝理事長、青木副理事長、浅野理事らの立ち会いの下、林野庁OBの的場紀壱(まとば・のりかず)様が拠出した奨学金を高校1年生の男子2名に授与いたしました。これから3年間、毎月各人に50万kip(日本円にすると約7,000円)を支給いたします。10月からは大学1年生数名にも的場奨学金の支給を行います。奨学金の返済や何らかの義務はなく、的場様が支給対象者へ望むことは勉強して、国を愛し、家族を愛する人となって欲しいこと。炭の木植え隊としても的場様のお気持ちに沿うよう、温かく支給対象者を見守っていく考えです。