事業紹介

クヌギのつる切り作業と周辺の自然観察会(報告)

7月28日(日)に4月に植栽したクヌギのつる切り作業と周辺の自然観察会を行いました。台風の直撃が心配されましたが、当日は快晴。20名の参加者は、まずは山から来る水で潤う田んぼで生きもの調査。それから山を登りながら昆虫採集。面白いようにクワガタやカブトムシが見つかりました。山の斜面でつる切り作業を行った後は、暑くなった体を冷やすかき氷、スイカ割りを楽しんでから冷えたスイカをいただきました。最後に生きもの川柳つくり。谷田貝理事長の厳正な審査で28作から6作の佳作を選びました。
・広葉樹 世代世代で バトンパス
・もりのなか むしがいっぱい たのしいな
・すいかわり あまりあたらず くやしいな (結局、スイカ割りで割れずにナイフで切り分けました)
・オニヤンマ りっぱなからだ かっこいい
・ムシ落とす オヤジキックに かぶとぬぐ
・ロックパパ さそってくれて ありがとう

会のfacebook(https://www.facebook.com/suminokiuetai/)に写真を掲載しております。

事業紹介, 情報NEWS

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました。内容は、ラオス国中部の小学校の学校林の造成、キノコ栽培施設の設置などです。日程はこれから現地関係者等と調整しますが、秋にはラオス中部の小学校で学校林の造成(得意とする炭の木のほかに果樹などを植えます)、キノコ栽培施設の設置などを行い、現在、日本のNGOによって行われている給食支援が森の恵みで自立的に行えるような仕組み作りを行います。お腹を満たして、環境教育や食育に繋がります。引き渡しの際には、日本からも参加者を募り小学校で運動会を行う考えです。玉入れやデカパン競走ができるといいなあ。

写真は支援先の小学校の様子(一般財団法人Worlds Link提供)