事業紹介, 情報NEWS

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました。内容は、ラオス国中部の小学校の学校林の造成、キノコ栽培施設の設置などです。日程はこれから現地関係者等と調整しますが、秋にはラオス中部の小学校で学校林の造成(得意とする炭の木のほかに果樹などを植えます)、キノコ栽培施設の設置などを行い、現在、日本のNGOによって行われている給食支援が森の恵みで自立的に行えるような仕組み作りを行います。お腹を満たして、環境教育や食育に繋がります。引き渡しの際には、日本からも参加者を募り小学校で運動会を行う考えです。玉入れやデカパン競走ができるといいなあ。

写真は支援先の小学校の様子(一般財団法人Worlds Link提供)