事業紹介, 情報NEWS, 運営

第29回イオン環境活動助成先になりました

公益財団法人イオン環境財団から前年度に続いて今年度もラオスでの植樹の助成金交付先となりました。

当初の計画ではラオスの植林の日(毎年6月1日)から数日後ぐらいに日本から一般参加の方を含めて地元の小・中学生と一緒に炭の原木となる木を荒廃地に植林する、としていましたが、日本はもとより現地ラオスも19例の感染者(4月13日現在)が確認されており、人の移動が制限されるなど厳しい状況となっております。新型コロナウィルスの感染状況、地元の方々の要望、私たちができることなどをしっかりと見極め、実施時期をずらしたり、人の移動を極力抑えるなどの方策を講じて誰もが安全に所期の目的を達成できるよう努める考えです。(写真は昨年、ラオス・ビエンチャン県での植林の様子)