事業紹介

下野菊花炭の苗仕立てを行いました

3月14日(日)、栃木県市貝町で下野菊花炭の苗の掘り取り作業を行いました。手入れを行った木は2018年から助成をいただいている”花王・みんなの森助成事業”で植えたもの。どんぐりから育てた苗を春に芽吹く前に上部を切り取り、さらに重機で掘り取ってからひげ根を切ります。その後、山に定植をしますが、こうした処理をすることで定植した年は根が充実し、その翌年はその根から養分を吸収して早く成長するとのことです。
地元製炭者の片岡さんが枝切り鋏などで手本を見せていただき総勢5名の参加者で作業を行いました。
新型コロナウィルスの新規感染者拡大で1月に発出された緊急事態宣言は2月には栃木県で解除になったものの、首都圏では3月まで延長となったため、こぢんまりと開催しましたが、クヌギ苗の管理に一端に触れることができ、充実したひとときを過ごすことができました。