情報NEWS

ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~第3巻

当法人の谷田貝光克理事長が「ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~」第3巻をフレグランスジャーナル社から出版いたしました。昨年末に既刊の第1巻、第2巻に続いて今回はケニア、タンザニア、マダガスカル、仏領レユニオン、ブルガリア、オーストラリア(タスマニア)各地の香りと文化について精油(エッセンス)エッセーをしたためております。本HPをご覧の方には、定価1,700円(+税)のところを著者販売特別価格として1,300円(税込み)+送料で販売いたしております。ご購入希望の方は、炭の木植え隊のアドレス info@suminokiuetai.jp までご連絡下さい。著者販売分については限りがありますので売り切れの際はご容赦願います。

事業紹介, 情報NEWS

炭の木植え隊ラオスに出動しました

6月23日(土)にラオス国ビエンチャン特別市でラオス農林大臣リエン・ティケオ博士、引原毅特命全権大使、ソーサー森林局長、日本からの参加者23名、近隣の村人ら総勢150名が炭の木の原木マイ・テューを3haほど植える式典を行いました。大臣や大使お手植えの木は、同じマイ・テューでも炭の木にせずに葉っぱを食べるためのマイ・テュー。植栽した箇所は海外向けの白炭製炭窯場横のため、引原大使に炭窯のことや炭製品について現地主催者から説明が行われました。式典の様子は現地紙パテトラオ紙などに取り上げられました。

情報NEWS

理事長が週刊教育資料の表紙と記事になりました

4月23日発売の週刊教育資料No.1475号の表紙を理事長が飾り、4月16日発売号に続いてインタビューの後半部分が潮流欄に掲載されております。炭を通して人と自然の関係を考える、炭は「隅に置けない」存在などという見出しの下、理事長の持論が分かりやすい読み物となっております。最後に花王・みんなの森作り助成事業で4月8日に行った植林についても触れております。写真はその時のものです。

編集長の許可をいただき記事のPDFを添付しました。2018.4.23週刊教育資料記事

 

事業紹介, 情報NEWS, 運営

6月ラオス植林のお誘い

4月栃木県芳賀町でのクヌギ植林に続いて炭の木植え隊、今年の出動第2弾として6月23日(土)にラオス国ビエンチャン市近郊で木炭原木マイ・テューを植栽するツアーを企画しました。6月22日(金)出発、6月25日(月)早朝帰国というお勤めの方も参加しやすい日程を組みました。もちろんこの日程より前に現地入りとか延泊など自由なスタイルの選択も可能です。詳細な日程の確認、お申し込みは旅行取扱社の(株)ジャンピングツアーのホームページをご覧下さい。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

情報NEWS

週刊教育資料に理事長のインタビュー記事が掲載

学校の先生を主な読者としている週刊教育資料のNo.1474(2018年4月16日号)の潮流欄に当法人の谷田貝光克理事長のインタビュー記事(上)が掲載されました。世界の山と森を元気にしたい、木炭は再生可能なエネルギーとして最近、様々な需要が見直されている。持続的な木炭の生産には森林の適切な管理が欠かせない。需要が回復しつつある木炭、ラオスで森林の造成なども、日本の製炭技術の高さを生かす、という見だしで木炭全体の状況と当法人の活動などを紹介しております。編集長の許可をいただき、PDFで記事を貼付いたしました。

週刊教育資料No.1474(2018.4.16)

情報NEWS

「半炭化」勉強会のお知らせ

3月28日(水)15:30から全国燃料会館8階会議室で半炭化に関する勉強会を開催いたします。谷田貝理事長が座長となり、外部から講師をお招きして半炭化技術が社会に与える影響などを分かりやすくお話しいただきます。資料代と飲み物代として500円(ただし炭の木植え隊会員は無料)です。会場準備のため、参加ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

勉強会テーマ「半炭化」※トレファンクションとも呼ばれ、木を200~300℃で炭化すること。

日時:3月28日(水)15:30~17:00メド(15:00受付開始)

場所:全国燃料会館8階会議室 勉強会の場所 東京都中央区銀座8-12-15

 

 

 

情報NEWS

毎日フォーラムに記事掲載

3月10日(土)発売の毎日フォーラム~日本の選択~3月号「創る 地域活性リポート」欄に当法人の記事が掲載されました。日本とラオスの農村活性化を主題としたものです。昨年7月のラオスの植樹祭で引原毅特命全権大使と子どもたちが小学校にマンゴー苗を植えたときの写真を許可を得て使わせていただいております。電子版でも読むことができます。

事業紹介, 情報NEWS

花王・みんなの森づくり活動の助成を受けます

3月1日から3年間の予定で花王・みんなの森づくりの助成をいただけることになりました。この助成で栃木県市貝町、芳賀町で下野菊花炭(しもつけきっかたん)の森づくり活動を行います。具体的にはクヌギの植林や通年の保育作業の合間に芳賀地区木炭生産者組合の片岡信夫氏の炭窯をお借りしての木炭生産体験やBBQ、クヌギ林での昆虫観察会などを地域の方々とともに楽しみながら森づくり活動を行う予定です。植林や保育活動、昆虫観察会の参加募集を本ホームページで行いますのでご参加ください。(写真は植栽用に片岡氏が用意しているクヌギの苗です)

 

 

情報NEWS

ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~1,2

当法人の谷田貝光克理事長が「ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~」第1巻と第2巻をフレグランスジャーナル社から出版いたしました。ドイツ、イタリア、タンザニア、スリランカ、シンガポール、インドネシア、ベトナム、台湾、ニュージーランドそしてラオスと世界各地の香りについてのエッセイです。もちろんお勧めの章は第2巻にあるラオス(当欄筆者の個人的な見解です)。木炭の調査で入国したのですが、いつしかお酒や香木、織物、さらにはワット・プーの遺跡、はてはラオスの交通取り締まり対策などについて興味の赴くままに書いております。本HPをご覧の方には、定価1,700円(+税)のところを炭やきの会の会員価格と同じ1,200円(+税)+送料で販売いたしております。ご購入希望の方は、申込用紙(yatagaiBOOKS2)にご記入の上、FAXで送信いただくか炭の木植え隊のアドレス info@suminokiuetai.jp までご連絡下さい。

情報NEWS

<会員限定>7月7日のセミナーの資料

7月7日(金)にラオプラザホテル会議室で行った木炭に関するセミナーのパワーポイント資料を当ホームページの「ダウンロード」のページで閲覧、ダウンロードできるようにいたしました。

谷田貝光克理事長「木炭・木酢の最近の話題」

武石礼司教授「ラオスの村落林」

ウパコン博士「Laos Policy on White Charcoal Production and Trade」

パスワードを設定してありますので、閲覧、ダウンロードされる会員の方は、事務局までお問い合わせ下さい。