事業紹介, 情報NEWS

下野菊花炭原木のつる切り作業

7月26日(日)に栃木県市貝町で花王・みんなの森づくり助成事業を受けて、下野菊花炭の原木となる小さなクヌギの育成活動を行いました。新型コロナウィルス感染拡大予防のために多くの方の参加を呼びかけず、地元製炭者の片岡さんの呼びかけに応じた10名の参加がありました。今年春に植えたクヌギに絡みついたツルを切り、苗木の周辺の草を刈り取りました。クヌギは「昆虫酒場」。コロナ禍で大打撃の人間界の居酒屋とは異なり、新植地近くのクヌギには虫たちが密集。作業終了後に参加したお子さんの短い夏休みの昆虫観察用に少し採取しました。(写真は片岡さん撮影)

事業紹介, 情報NEWS, 運営

第29回イオン環境活動助成先になりました

公益財団法人イオン環境財団から前年度に続いて今年度もラオスでの植樹の助成金交付先となりました。

当初の計画ではラオスの植林の日(毎年6月1日)から数日後ぐらいに日本から一般参加の方を含めて地元の小・中学生と一緒に炭の原木となる木を荒廃地に植林する、としていましたが、日本はもとより現地ラオスも19例の感染者(4月13日現在)が確認されており、人の移動が制限されるなど厳しい状況となっております。新型コロナウィルスの感染状況、地元の方々の要望、私たちができることなどをしっかりと見極め、実施時期をずらしたり、人の移動を極力抑えるなどの方策を講じて誰もが安全に所期の目的を達成できるよう努める考えです。(写真は昨年、ラオス・ビエンチャン県での植林の様子)

 

 

 

 

 

 

事業紹介, 情報NEWS

名古屋のロータリアンにラオスの水や教育支援を呼びかけ

10月16日(水)に名古屋市内でロータリアンの方々に鈴村会員、パサイ会員がラオスの水支援の呼びかけを行いました。今年度は既に豊田ロータリークラブ(RC)のご支援でビエンチャン県の村に簡易水道を設置。これで4村目の簡易水道支援となりました。併せて愛知県下の各RCのご支援により村の小学校の教室増設、トイレ、手洗い所の設置などの施設支援、文房具やサッカーボールの配布も行っております。これらの支援を行いながら村人と相談して水源となりお金にもなる森作りを当NPOが行っております。こうした支援がこれからも続くように支援の実績を写真などで紹介し、村人から寄せられた言葉、これからの計画などをお話ししました。

 

事業紹介, 情報NEWS

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました

令和元年度の緑の募金公募事業の支援先となりました。内容は、ラオス国中部の小学校の学校林の造成、キノコ栽培施設の設置などです。日程はこれから現地関係者等と調整しますが、秋にはラオス中部の小学校で学校林の造成(得意とする炭の木のほかに果樹などを植えます)、キノコ栽培施設の設置などを行い、現在、日本のNGOによって行われている給食支援が森の恵みで自立的に行えるような仕組み作りを行います。お腹を満たして、環境教育や食育に繋がります。引き渡しの際には、日本からも参加者を募り小学校で運動会を行う考えです。玉入れやデカパン競走ができるといいなあ。

写真は支援先の小学校の様子(一般財団法人Worlds Link提供)

情報NEWS

ビックイシュー誌に谷田貝理事長の記事掲載

ホームレスの方が路上で販売するビックイシュー誌のVol358(2019年5月1日発行)の特集”森の時間”に谷田貝理事長のインタビュー記事が2頁にわたって掲載されております。心に安らぎを。ストレス減少からがん予防まで!「木の香り」いっぱいの森林浴へ~と題した記事で新緑の5月にピッタリの内容となっております。販売場所は ビックイシュー 販売場所 で検索ください。

情報NEWS

ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~第3巻

当法人の谷田貝光克理事長が「ひとのくらしと香りを訪ねて~香り世界飛び歩記~」第3巻をフレグランスジャーナル社から出版いたしました。昨年末に既刊の第1巻、第2巻に続いて今回はケニア、タンザニア、マダガスカル、仏領レユニオン、ブルガリア、オーストラリア(タスマニア)各地の香りと文化について精油(エッセンス)エッセーをしたためております。本HPをご覧の方には、定価1,700円(+税)のところを著者販売特別価格として1,300円(税込み)+送料で販売いたしております。ご購入希望の方は、炭の木植え隊のアドレス info@suminokiuetai.jp までご連絡下さい。著者販売分については限りがありますので売り切れの際はご容赦願います。

事業紹介, 情報NEWS

炭の木植え隊ラオスに出動しました

6月23日(土)にラオス国ビエンチャン特別市でラオス農林大臣リエン・ティケオ博士、引原毅特命全権大使、ソーサー森林局長、日本からの参加者23名、近隣の村人ら総勢150名が炭の木の原木マイ・テューを3haほど植える式典を行いました。大臣や大使お手植えの木は、同じマイ・テューでも炭の木にせずに葉っぱを食べるためのマイ・テュー。植栽した箇所は海外向けの白炭製炭窯場横のため、引原大使に炭窯のことや炭製品について現地主催者から説明が行われました。式典の様子は現地紙パテトラオ紙などに取り上げられました。

情報NEWS

理事長が週刊教育資料の表紙と記事になりました

4月23日発売の週刊教育資料No.1475号の表紙を理事長が飾り、4月16日発売号に続いてインタビューの後半部分が潮流欄に掲載されております。炭を通して人と自然の関係を考える、炭は「隅に置けない」存在などという見出しの下、理事長の持論が分かりやすい読み物となっております。最後に花王・みんなの森作り助成事業で4月8日に行った植林についても触れております。写真はその時のものです。

編集長の許可をいただき記事のPDFを添付しました。2018.4.23週刊教育資料記事